配偶者ビザ・国際結婚ビザの更新・延長(在留期間更新許可申請)

トップページ > 配偶者ビザ・国際結婚ビザの更新・延長(在留期間更新許可申請)

配偶者ビザ・国際結婚ビザの更新・延長(在留期間更新許可申請)

  • 観光ビザから配偶者ビザ
  • 海外から日本へ移住・帰国
  • 配偶者ビザで新規入国
  • 他のビザから配偶者ビザへ変更
  • 配偶者ビザの更新
  • 永住ビザ取得
  • 事務所案内
  • お問い合わせフォーム
  • 事務所ブログ

 外国人配偶者様の配偶者ビザ(日本人の配偶者等)のビザ更新申請(在留期間更新許可申請)に取り組んでいらっしゃる日本人奥様 or だんな様、弊事務所ウェブサイトにお越しくださいまして、誠にありがとうございます。

 私は本サイトを運営しております行政書士iタウン事務所の高橋 雄一と申します。どうぞよろしくお願い申し上げます。




配偶者ビザの更新(在留期間更新許可申請)

 皆様におかれましては、外国人配偶者様とご結婚をされ、在留資格認定証明書交付申請あるいは在留資格変更許可申請を経て、「配偶者ビザ」1年 or 3年をお取りになられているものと思います。そして、早いものでそのビザの期間が満了を迎えるにあたりまして、「そろそろ旦那様 or お嫁さんのビザを更新しなければ。」とお考えになっているものと認識しております。

 配偶者ビザの更新申請は、新規の配偶者ビザ取得申請(在留資格認定証明書交付申請 or 在留資格変更許可申請)と比べますと、必要書類も少なく、申請書作成に要する時間・労力もそれほどのことではなく、比較的簡易なものです。

 しかし、日常生活やお仕事等がお忙しい中で、必要書類を取り寄せたり、普段あまり馴染みのないビザ申請書を記入したり、平日の日中に入国管理局に2度も行かなければならないという一連の作業は、難しくはありませんが、言うほど簡単ではなく、あまり有難くない恒例行事だと思います。

 また、いずれは取得したい「永住ビザ」を見据えた場合、配偶者ビザ更新申請は、とても重要な申請となります。1年ビザになるか、3年あるいは5年ビザに伸長するのかは、永住ビザ申請を考えるにあたってとても重要な条件となるからです。入国管理局からの信用を築くためには、たとえ簡単な申請であっても、きちっとした書類一式を作成したいところですし、また有利と思われる条件は積極的にアピールすべきだと思われます。

 弊事務所では、お忙しくて外国人配偶者様のビザ更新手続きになかなか時間と手間を割くことができない、入国管理局なんて2度と相手にしたくない、あるいは色々な事情によって配偶者ビザ更新に不安を抱えていらっしゃるお客様のために、一連の配偶者ビザ更新申請の手続きを代わりに行うことができます。

 もしよろしければ、ご利用をご検討いただければと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。

たかがビザ更新だけど、されどビザ更新

 配偶者ビザの更新申請は、ビザの期限の3か月前から受付が開始されますが、日本人奥様 or だんな様にとりましては、お仕事や他の用事などで日々お忙しくしていらっしゃると思いますので、入国管理局に申請・受取の2回も外国人配偶者様に同行する作業は、なかなか大変なことと存じます。

 忘れるということはないと思いますが、それでもビザの期限を1日でも過ぎてしまうと、またやっかいでございます。法律上は退去強制の事由となってしまいますので、そこは自動車の運転免許の「うっかり失効」とはまた違うところでございます。

 また、個々の状況によりましては、通常求められております添付資料の他に、理由書・説明書などを添付し、入国管理局から疑念を持たれて指摘を受ける前に、自ら説明を行った方がいい場合もございます。

 弊事務所は十数年に渡って外国人配偶者様の配偶者ビザ申請手続きに取り組んで参りましたので、様々な状況下での切り抜け方も修得しております。少しイレギュラーな案件であっても、普通に申請を通過することができるよう、弊事務所がお役に立てるものと思います。

 配偶者ビザ更新申請におきまして、何か不安を抱えていらっしゃることがありましたら、ぜひ弊事務所にご連絡をいただきたいと存じます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

海外から一時帰国しての配偶者ビザ更新

 日本人奥様 or だんな様がお仕事の都合で海外に転勤となり、海外に駐在している間に、外国人配偶者様のビザ期限を迎えてしまうというケースもあろうかと思います。

 その場合は、外国人配偶者様の在留期限(ビザの期限日)より前に、いちど日本に一時帰国をされて、入国管理局に配偶者ビザの更新申請をする必要があります。

 配偶者ビザ更新申請の際に必要となってくる書類の中には、日本国内で収集するものが多いので、海外に滞在していらっしゃる方にとっては、たいへんな申請になることと思います。また、なるべく早く配偶者ビザ更新を完了し、新しい在留カードを取得して、早く海外にお戻りになりたいのではないかと思われます。

 このような状況にある日本人奥様 or だんな様で、もし弊事務所の協力を必要とされる場合は、弊事務所にご連絡をいただきたく存じます。(このようなケースにおける配偶者ビザ更新申請も何回も経験しております。きっと皆様のお役に立てることと思います。)

 どうぞよろしくお願い申し上げます。

弊事務所のサービス(弊事務所にお任せするメリット)

1. 任せて楽に

 お客様は、弊事務所に依頼した時点で「とりあえず申請までは終わった」と安心していただいて構いません。時間厳守の配偶者ビザ更新申請ですが、弊事務所にご依頼の意思をお伝えしていただくことによって、配偶者ビザの期限は守ったと、ビザ切れ(オーバーステイ)の心配はなくなったと思っていただいて結構です。あとのことは弊事務所にお任せください。

 お客様にあっては「いついつまでにやらなければいけない」だとか、「あれとこれの書類を揃えて・・・」とか、「仕事の休みをいつ取って行こうか」といったような、心理的・時間的なプレッシャーから解放されて楽になります。あとはお客様ご自身の仕事・用事・考え事・その他の大事なことに集中してください。

 ご依頼をいただいてからは、弊事務所が必要書類収集のお手伝い、配偶者ビザ更新申請書の作成・入国管理局への申請・結果の受領まですべてやらせていただきます。

2. 問題点の早期発見、それに対する対応

 一般の方には気付きにくい問題点なども専門家の視点から見つけることができ、それをフォロー・アップするような配偶者ビザ更新申請書を作成します。具体的には理由書、説明書、その他の証明資料の作成です。

3. 申請書を完ぺきに作成する

 言うまでもありませんが、弊事務所は入国管理局へのビザ申請を専門に行っているプロの行政書士です。申請書から添付書類、説明書などは現状出来得る限り完ぺきに仕上げます。行政書士の作成する配偶者ビザ更新申請書類一式は、入国管理局の迅速な審査に貢献しておりますし、また入国管理局からも一定の評価は得ております。

 一般の方が作成する配偶者ビザ更新申請書類は、残念ながら必ずどこかに記載事項の誤りや記入漏れ、その他のミスがあります。追加資料を後日に持参・郵送で送るように指示をされることもあります。そのような些細なミスによって入国管理局の誤解を招き、審査に影響を及ぼすことも否定はできません。結果が出るのにとても時間がかかったり、思うような結果を得られないといった可能性もあります。次回の配偶者ビザ更新申請、のちの永住権ビザ申請にも影響するかもしれません。

4. 入国管理局へ行く時間と手間が2回(申請・結果受領)とも省けます

 配偶者ビザ更新をはじめとする在留申請(ビザ申請)は、原則として外国人ご本人様が平日の月曜日〜金曜日の午前9時から午後4時までに、入国管理局に出頭して行わなければなりません。奥様あるいは旦那様といえども、代理で行うことはできません。

 しかし弊事務所の行政書士は、申請取次行政書士としての届出を行っておりますので、外国人ご本人様の代りに入国管理局への配偶者ビザ更新申請を代行することができます。

 入国管理局の申請窓口は、時期や時間帯によっても異なりますが、各種ビザ申請に訪れている多くの外国人で慢性的に混雑しております。「午前中に済ませて、仕事に行こう。」と思っていても、なかなかうまく行かないこともあり、2時間以上待たされることも珍しいことではありません。(大きな病院の混雑した待合室に雰囲気的には似ています。)

 外国人ご本人様、あるいはその配偶者の日本人の方も、日々お忙しいでしょうから、半年、1年、3年あるいは5年毎の恒例とはいえ、そのような非生産的な行為にうんざりとされる方も多いかと思います。

 さらに長い時間を待った末、自分の順番が回ってきたときに、受付の審査官から配偶者ビザ更新申請書の記載誤りや記入漏れ、その他の添付書類の不備などを極めて事務的に、無配慮な言い方で指摘をされて、気分を害される方もいらっしゃいます。(現に弊事務所にも、そのような苦情が寄せられております。)

 弊事務所に配偶者ビザ更新申請をお任せいただければ、上記のような時間・手間・面倒・不快な思いはすべて省略することができますし、入管担当者との無用なトラブルもなくなります。(いくらこちら側が正しくても、入管職員とやりあうことは決して得策とは言えません。)

5. 許可後のアフターフォローもいたします

 配偶者ビザ更新完了後も、必要に応じてその後のアフターフォローをいたします。

 今回の配偶者ビザ更新申請のお手伝いの後も、お客様の方でちょっとした質問や疑問など「ちょっと聞いてみたいな」と思うことがございましたら、お電話やメール等をいただければ、すぐにお答えをいたします。ビザに関すること、その他暮らしに関する法務相談など、行政書士として知り得る限り、丁寧にお答えさせていただきます。

 今回のお手伝いをいい機会として、今後は外国人の在留その他に関する正しい情報を、専門の行政書士から受け取ることができます。インターネットの情報掲示板等から誤った情報を手に入れてしまう危険性が格段に少なくなります。

 また弊事務所では、お客様に日本の永住権・永住ビザを取得して日本での在留を確固たるものとし、安定したステータスを得ていただくことを最終的な目標としておりますので、これからも永住権ビザ申請を念頭に置いたサポートを継続的にさせていただきたく存じます。

料金

サービス内容 料金 備考
配偶者ビザ更新申請取次ぎ
(書類作成・申請・結果受領の代行)
¥54,000 収入印紙代(入管への手数料)4千円が別途必要

永住権(永住ビザ)の申請条件を満たしている方

ビザ更新 + 永住許可申請 を同時に割引価格

 配偶者ビザ更新申請時期に、日本の永住権・永住ビザを申請できる条件が満たされている方は、配偶者ビザ更新申請と同時に日本の永住権・永住ビザの申請をすることが出来ます。

 2つの申請を同時に行いますと、共通する必要書類は1部にまとめることが出来ますので、用意する書類を大幅に軽減することが出来ます。

 さらに弊事務所ではビザ更新申請・永住許可申請を2つ同時にされるお客様には、更新の料金はいただかず、永住許可申請の通常の料金のみ(129,600円)で、この2つの申請の取次サービスを行わせていただきます。

サービス内容 通常料金
割引料金
ビザ更新申請 ¥54,000 −(サービス)
永住許可申請 ¥129,600 ¥129,600
合計 ¥183,600 ¥129,600 37%OFF

 配偶者ビザの更新時期を迎えている方で、なおかつ永住ビザの申請条件を満たしている方は、この機会に配偶者ビザ更新と一緒に日本の永住権・永住ビザを取得されてみてはいかがでしょうか。

(尚、永住権ビザ申請の条件に該当しているかどうかについては、弊事務所にご相談ください。)

サービス内容 料金 備考
配偶者ビザ更新申請+永住許可申請の申請取次
(書類作成・申請・結果受領の代行)
¥129,600
入管に支払う収入印紙代
(更新4千円、永住8千円)は別途必要

弊事務所で配偶者ビザ更新申請の申請取次サービスを
ご利用いただいた際の特典

次回の配偶者ビザ更新申請を、割引価格で提供させていただきます。

 今回、弊事務所の配偶者ビザ更新申請の取次サービスをご利用いただいた方には、次回の配偶者ビザ更新申請を割引価格にて提供させていただきます。


将来の永住ビザ申請を、割引価格にて提供させていただきます。

 弊事務所の配偶者ビザ更新申請の取次サービスをご利用いただいた方には、将来になさる永住権ビザ申請を割引価格にて提供させていただきます。

(入国管理局に支払う収入印紙代 8千円は、お客様の別途負担となります。)

ご相談・お申し込み

 弊事務所の提供するサービスにご関心がおありの方、まずはご相談の電子メールでご連絡をください。できるだけ近い日を設定し、お会いしてご相談をしたいと思います。その際にお客様に色々とご提案・アドバイスをさせていただきたく存じます。

ご相談はこちら


Copyright © Gyoseishoshi Lawyer TAKAHASHI. All Right Reserved.
行政書士i(アイ)タウン事務所 高橋 雄一
〒272-0034 千葉県市川市市川1-9-11 サン市川ハイツ311号室(JR総武線市川駅より徒歩3分)
「ビザ・インフォメーション」は、入国管理局に対して行う各種ビザ申請・ビザ更新(配偶者ビザ申請、永住ビザ申請、就労ビザ申請、上陸特別許可など)のお手伝いをしております。