永住権ビザ申請(「配偶者ビザ」から日本の永住権ビザ)

トップページ > 永住権ビザ申請(「配偶者ビザ」から日本の永住権ビザ)

永住権ビザ申請(「配偶者ビザ」から日本の永住権ビザ)

  • 観光ビザから配偶者ビザ
  • 海外から日本へ移住・帰国
  • 配偶者ビザで新規入国
  • 他のビザから配偶者ビザへ変更
  • 配偶者ビザの更新
  • 永住ビザ取得
  • 事務所案内
  • お問い合わせフォーム
  • facebook

「先延ばし」から一歩踏み出してみませんか?

 来日してから、配偶者ビザの方は3年以上が経過して、「そろそろ日本の永住権・永住ビザが欲しいな」と思われている方は多いと思います。

 しかし、いざ「よし!永住ビザを取ろう!」と思い立っても、「さて、何から始めようか?」とか「本当に永住ビザを取れるのだろうか?」とか「難しいんじゃないだろうか」など疑問や不安など様々なことが頭に浮かんで、なかなか前に踏み出すことができない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 ちゅうちょしている間に時間だけが過ぎていく、そして永住ビザへのモチベーションが薄れてしまい「もう少し落ち着いてから考えよう。」と先延ばしにしてしまうということが多いかと思います。

 そこで、「永住ビザが欲しいな・・・」から「永住ビザを取るぞ!」へ一歩踏み出してみませんか?

 弊事務所は「永住ビザを取るぞ!」と決断・行動を始めようとされる方々に、何とか永住ビザを取得していただけるよう、お手伝いをさせていただきます。永住ビザ取得を希望される方はぜひ弊事務所をご利用くださいませ。

永住ビザのお問い合わせ

永住ビザ申請(配偶者ビザから日本の永住権)
1年でも早く、永住権を!


 日本人あるいは永住者の方と結婚されて配偶者ビザ・国際結婚ビザをお持ちの方の、日本永住権・永住ビザ申請をお手伝いいたします。

 日本の永住権・永住ビザ申請は、「日本人の配偶者等」および「永住者の配偶者等」など、いわゆる配偶者ビザ・国際結婚ビザをお持ちの外国人の方の最後の仕上げとなる申請です。日本の永住権・永住ビザを取得してしまえば、それから先の入国管理局への配偶者ビザ更新申請は基本的には必要がなくなります。もうビザの期限切れというものがなくなるわけですから、これから先は日本で安心して生活が出来ます。日本での永遠の時間を手に入れることができるのです。

 そして日本の永住権・永住ビザを取得することによって、様々なメリットもございます。日本に在留している外国人が手にすることのできる最高のステータスです。

 弊事務所は、日本人あるいは永住者と国際結婚をし、日本に居住しておられる外国人の方が、永住権ビザを取得し安心して日本に住み続けられることを切に願っております。

 日本に居住する優良な外国人の方に1年でも早く永住権を。それが弊事務所の目指すところです。

日本の永住権・永住ビザのメリット


 こんないいことがございます。来日以来、外国人ということだけで様々な制約があったと思いますが、日本の永住権・永住ビザを取得すれば、日常的な活動においてはほぼ、日本人と同等に「自由」となり、行動範囲・世界も広がります。

  • 日本にずっと住み続けることができる。(配偶者ビザの更新申請が必要なくなる、ビザの期限を気にしないでよくなる)
  • 活動の制限がなくなり、社会生活において日本人と同様に、ほぼ自由に活動が出来る。
  • 「日本の永住権・永住ビザを持っている」と言うと、対外的に信用度が増す。
  • 不動産の購入、銀行からの融資(例えば住宅ローンを組むなど)も受けやすくなるなどの経済活動を行う上での社会的信用も得られる。
  • 帰化」への足がかりができる。(注)
  • 国籍は従来のまま、変わらない
  • たとえ日本人配偶者と死別・離婚をしてしまったとしても、日本の永住権・永住ビザはそのまま継続される。
  • たとえ、その後に外国に移住することになっても、また日本に戻ってきたときに再入国が容易
  • たとえ重大な犯罪を犯してしまったとしても、生活状況によっては国外退去強制を免れることができる可能性が高い。(在留特別許可)

(注)帰化申請は、日本の永住権・永住ビザを得ていない方であっても、許可条件を満たしていれば帰化することが出来ます。

 弊事務所は、お客様が日本の永住権・永住ビザを取得することが出来るよう、最善のお手伝いをさせていただきたく存じます。

日本の永住権・永住ビザ申請ができる条件

  • 3年ビザもしくは5年ビザを持っていること。※
  • 日本人の配偶者の方および永住者の配偶者の方は、実態を伴った婚姻生活が3年以上継続し、かつ引き続き1年以上日本に継続して在留していること。

※2012年7月9日(月)新しい在留管理制度に移行することにより、「5年ビザ」が新設されましたが、当面は3年ビザでもよいというように、「永住許可に関するガイドライン」は示しております。


*「1年ビザ」である方も、また結婚後3年が経過していない方であっても、入国管理局に日本の永住権・永住ビザ申請を出せば受理はしていただけます。したがって、厳密には「永住ビザ申請ができる条件」ではないのですが、上記の2つが備わっていないと、下記に示します「許可される要件」がいくら備わっていても日本の永住権・永住ビザは許可されませんし、上記の2つは申請の以前に見れば明らかですので、その意味において「永住ビザ申請ができる条件」とさせていただいております。

日本の永住権・永住ビザが許可される要件

  • 素行が善良であること
  • 独立の生計を営むに足りる資産または技能を有すること
  • その外国人の方の永住が、日本の利益に合すると、法務大臣に認められること
  • 配偶者ビザの方は、婚姻の実態が伴っていること、および婚姻生活の破たんや別居等がなく正常な婚姻生活が継続していること

 「素行が善良」とは、日常生活において社会的に非難されることのない生活を営んでいることを意味します。

 弊事務所が書類作成によりお手伝いいたします。

 「独立の生計を営むに足りる資産・技能…」とは、生活保護などの公共の負担となっていなく、仕事に就いているか、または仕事をしている配偶者等の扶養を受け、資産・技能から将来において安定した生活が見込めるということを意味しています。

 とても重要です。弊事務所が書類作成により証明いたします。

 「日本国の利益に合致する」とは、犯罪歴がないこと、罰金刑や懲役刑などを受けていないこと、納税義務等の公的義務を履行していること、公衆衛生上の観点から有害となる恐れがないことなどを意味しております。

 近年とても重要です。弊事務所が書類作成により証明いたします。

 「日本の永住権・永住ビザ申請ができる条件」が備わっている方であっても「日本の永住権・永住ビザが許可される要件」が満たされていることを証明する永住権ビザ申請書類一式を作成することは、申請者の方の状況によっては困難を伴う場合がございます。

 特に数年前まで長引く不況の下にあった日本では「仕事に就いている」「安定した生活をしている」「納税」などにおいて不安を抱えている方も多くいらっしゃいます。

 弊事務所では日本の永住権・永住ビザ申請をされるお客様の状況を入国管理局に正確に伝えると同時に、不安がある部分は事情説明により補い、日本の永住権・永住ビザが許可される要件が備わっていることを入国管理局に理解していただけるような書類を作成いたします。

 入国管理局への一連のビザ申請の締めくくりとなる、非常に大事な日本の永住権・永住ビザ申請は、永住権ビザ申請の書類作成の専門家である行政書士を、そして一定の実績のある弊事務所にお任せくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

弊事務所のサービス内容


サービスの概要:

 基本的な証明書類(戸籍謄本、住民票、税金に関する証明など)の収集のお手伝い、日本の永住権・永住ビザ申請書類の作成、入国管理局への申請、結果の受け取りまでのほとんどの作業を行政書士が行います。お客様が必要書類の収集や、申請書の記入方法について悩む必要はございませんし、入国管理局への出向(2回)もする必要がございませんので、お客様の貴重な時間・手間を節約することが出来ます。

1. 事前のインタビュー

 永住権ビザ申請をお手伝いするにあたって、お客様のこれまでの在留状況についてインタビューをさせていただきます。永住権ビザ申請にあたってのご心配・ご不安な点もおありであればおっしゃっていただき、また、お客様ご自身がお気付きにならなかった点でも問題となるような点があれば洗いだし、ここで対応策を考えてまいります。

2. 必要書類の収集

 代表的な必要書類に、戸籍謄本・住民票などがございますが、もしご希望であれば、弊事務所がお客様の代りに役所からお取り寄せいたします。(お取り寄せにかかる費用はお客様のご負担となります。)

 また、ご自身でお取りになるのであれば、役所の窓口に提出すればすぐに証明書の交付が受けられるように、役所用の交付申請書(必要事項記入済み)をお渡しし、お客様に迷うことなく正しい証明書をお取り寄せいただけるよう、サポートをいたしております。お客様からはご好評いただいております。

3. 永住権ビザ申請書の記入

 弊事務所では、多くの方がそうされているような手書きによるものではなく、コンピューターによって入国管理局の審査担当者が見やすい申請書を作成しております。そして審査のしやすさを考慮した構成に永住権ビザ申請書一式をまとめ、セットアップして入国管理局に提出をしております。

 行政書士の作成する日本の永住権・永住ビザ申請書類には、一般の方に多くありがちな申請書の記載ミスや必要書類の添付ミス等が起こらず、入国管理局の審査にも配慮した書類を作成しますので、審査が順調に進むことが期待されます。

 また、日本の永住権・永住ビザ申請にあたって何かしらの不安材料を抱えていらっしゃる方には、入国管理局に事情を伝えるための理由書・説明書を作成し、永住権ビザ申請書の添付書類として提出いたします。

4. 永住権ビザ申請書の提出と、結果の受け取り

 作成した永住権ビザ申請書類一式は、弊事務所がお客様の代りに入国管理局に持っていき、提出をいたします。

 入国管理局の開庁時間は平日の月曜日〜金曜日の午前9時から午後4時まで(受付)となっておりますが(土曜日、日曜日、祝祭日は閉庁)、慢性的に混雑しているため、「午前中にちょっと行って、さっさと済ませてしまおう」と思っていても、なかなかうまくいかない場合もございます。時期や時間帯が悪かったりすると、2時間以上待つことも珍しいことではありません。

 ご自身で申請されますと、申請書提出日と結果受取日とも、なかなか時間が読めずにその日の予定も立ちにくいとは思いますが、弊事務所のサービスをご利用くだされば、そのような面倒とも無縁となります。

永住権ビザ申請から、結果が出るまでの期間

 永住権ビザ申請の審査にかかる時間ですが、標準処理期間として6か月程度となっております。しかし、これには個別の案件により差異がありまして、過去の在留状況や婚姻・生活状況の安定性などによっては、これよりも時間のかかるケースが出て参ります。(例えば、不法滞在等の過去の違反歴があったり、収入の安定性などがあります。)

 弊事務所では永住権ビザ申請してから定期的に入国管理局に審査の進捗状況を確認し、お客様にご報告をさせていただきます。

料金

サービス内容 料金 その他
永住権ビザ申請取次
(書類作成・申請・結果受領の代行)
¥129,600
収入印紙代(入管への手数料)
8千円が別途必要

ビザ更新申請 + 永住権ビザ申請 を2つ同時に、割引価格で

 3年ビザ(2012年7月9日以降は順次5年ビザも)が満了する際のビザ更新申請時期に、日本の永住権・永住ビザを申請できる要件が満たされている方は、ビザ更新申請と同時に永住権ビザ申請をすることができます。

 2つの申請を同時に行いますと、共通する必要書類は1部にまとめることが出来ますので、用意する書類を大幅に軽減することが出来ます。

 さらに弊事務所では、ビザ更新申請・永住権ビザ申請を2つ同時にされるお客様には、永住権ビザ申請の通常料金のみで、この2つの申請の取次サービスを行わせていただきます。

サービス内容 通常料金
割引料金
ビザ更新申請 ¥54,000 −(サービス)
永住権ビザ申請 ¥129,600 ¥129,600
合計 ¥183,600 ¥129,600

 ビザ更新時期を迎えている方で、なおかつ日本の永住権・永住ビザの申請条件を満たしている方は、この機会にビザ更新と一緒に日本の永住権・永住ビザを取得されてみてはいかがでしょうか。


もし、永住権ビザ申請が不許可になってしまった場合

 永住権ビザ申請の結果、今回は永住権許可が認められなかった場合には、お客様がもしご希望されるならば、次回の日本の永住権・永住ビザ申請も弊事務所で、追加料金をいただかずに無料で対応させていただきます。

 日本の永住権・永住ビザが出なかったとすれば、そこには何らかの理由があります。このコーナーの前半部分で「日本の永住権・永住ビザが許可される要件」をご紹介いたしましたが、その中でも職業・収入が反映する生活の安定性であるとか、税金の納付状況などが不十分で不許可になるという事例は少なからずあります。

 そこで弊事務所としては、入国管理局に不許可の理由を聞きに行き、「どういう点が駄目だったのか」「どういった要件が足りなかったのか」「再申請にあたり、どのようにすればよいのか」を確認のうえ、お客様に報告させていただきます。

 お客様にあっては、入国管理局から指摘されたことを踏まえて、不足していた点を改善し、「もう永住権許可される要件に達したであろう」と思われた段階で、また日本の永住権・永住ビザ申請に挑戦されればよろしいと思います。

 「日本の永住権・永住ビザが欲しい。だけど許可が出る自信がないから、どうしても踏み切れない」と言われる方はたくさんいらっしゃいます。しかし万全の状態で日本の永住権・永住ビザ申請に臨まれる方というのは、いないわけではありませんが、あまり多くはありません。皆さん何かしら不安を抱えながら臨まれることが多いのです。それに「いくら以上がよくて、いくら以下が駄目」というような明確な基準というのは実はありません。あくまで「提出された資料に基づいて総合的に判断」するというのが入国管理局の審査のやり方です。そうであれば、多少の不安点はあったとしても、「日本の永住権・永住ビザが欲しい」と思い立った段階で申請してみるというのも、ひとつのやり方ではあると思います。そこで日本の永住権・永住ビザが出たらよし、もし不許可になったとしてもご自身の状況に何が足りないのかを確認し、次回の申請に備える、そのような姿勢であってもよろしいかとは思います。

 弊事務所では、「日本の永住権・永住ビザを申請できる条件ではあるけれど、許可の要件に達しているか分からないから、申請に踏み切れない」という方のために、もし1度目の申請が不許可であったとしても再申請の際に追加料金をいただかないという形で、お客様の不安を解消させていただきたいと思います。

 配偶者ビザをお持ちの外国人の方が、1日も早く安定した地位である日本の永住権・永住ビザを確保していただけるよう、弊事務所はご協力をさせていただきたく存じます。

永住ビザ専用お問い合わせフォーム

 弊事務所のサービスご利用をお考えの方、あるいはご検討なさっている方は、ぜひ弊事務所にご連絡をくださいませ。

 項目の移動は、Tabキーでお願いいたします。

お名前
Your name
必須
ご住所
(都道府県と市町村まで)
Address
必須
お電話番号
Tel
任意
メールアドレス
e-mail
必須
Q1.永住ビザを取る人はどなたですか? Who will get the permanent visa ?
配偶者 Spouse 私自身 My self
その他 Others
必須
Q2.今、お持ちのビザは? What kind of visa does the person have ?
配偶者ビザ Spouse visa 就労ビザ Working visa
その他 Others
必須
Q3.何年ビザですか? Period of stay ?
1年ビザ 3年ビザ 5年ビザ
1 Year3 Years5 Years
必須
Q4.ビザはいつまでありますか? Until ?

YearMonth
任意
Q5.来日はいつですか? When did the person come to Japan ?

YearMonth
任意
Q6.弊事務所へのご依頼をお考えですか? 弊事務所に依頼することを考えている
他社と比べて検討している
わからない
自分でやる。依頼するつもりなし
情報、必要書類、申請方法を教えてもらえればそれでいい
任意
通信欄
Something to ask.
  必須

 どうもありがとうございました。

 ご依頼・お問い合わせに関しましては、できるだけ迅速にご連絡・回答を心がけておりますが、ご質問の内容等によりましては、特にご自分で申請をするための情報収集であると判断した場合は、お答えをいたしかねる場合もございますので、どうぞご了承をくださいませ。


Copyright © Gyoseishoshi Lawyer TAKAHASHI. All Right Reserved.
行政書士i(アイ)タウン事務所 高橋 雄一
〒272-0034 千葉県市川市市川1-9-11 サン市川ハイツ311号室(JR総武線市川駅より徒歩3分)
「ビザ・インフォメーション」は、入国管理局に対して行う各種ビザ申請・ビザ更新(配偶者ビザ申請、永住ビザ申請、就労ビザ申請、上陸特別許可など)のお手伝いをしております。

表示切替:パソコン | モバイル